ACROSS THE UNIVERSE

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が道を往ったまま消息を絶ちそうな変な人。

<<   作成日時 : 2007/01/16 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々に、「あー、読んでよかったぁーーー!」と、読了後に思えた本。

とっかかりは、目黒氏が「本の雑誌」の自身の書評で取り上げていたので、
ふむふむ思いつつ読んでみた。
がー、
1/4まではとーーーっても退屈で、主人公のへなちょこぶりが好かんかった。
でもでも、バンドのメンバーが集まり出す頃から、俄然、話が転がりだした。
うーん、
その展開がいいんだな。まさに、青春だよな。。。
ちょっとあざとい登場人物の配置だけど、それ以上に、バンドにのめり込んで行く
彼らの立ち位置が好きだな。
例によって、またまたあざとい展開がラストにあるのだがーーー。
これはこれでお約束みたいに、まぁ、ここまで来たなら許そうっ!と思わせるのは
著者の術中にまんまと嵌ったからか(笑)?
いやいや、文化祭ラストのライブだもん、これもありっ!だわ(笑)。
と、まあ、とりとめもなく書いてしまったが、全部書くとネタばらしになるので。

高校時代に、こんな胡散臭い先生居たよな〜と懐かしく感じるのは
年のせいかしらん(笑)?
しっかし・・・グリーン・ディってバンド知らんな。調べよっと。


幻冬社 越谷オサム著
「階段途中のビック・ノイズ」


画像



BGM:K

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が道を往ったまま消息を絶ちそうな変な人。 ACROSS THE UNIVERSE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる